春ボヘミアンファッション2017

春ボヘミアンファッション2017!注目は、赤やオレンジの目立つ色

 

春のボヘミアンファッション、2017年の注目色は、赤やオレンジの目立つ色。

 

春ボヘは、エキゾチックなカラフルプリントと、色鮮やかなカラーの取り合わせで個性的に着こなすのがおしゃれのツウですね。

 

赤で着こなすボヘミアン

 

ボヘテイストなら、真っ赤なオフショルダーもヘルシーな雰囲気に着こなせます。朱色のスエードショーパンと合わせて、素材でもボヘミアンをアピール。脚を出している分、足元はボリュームのあるサボで重ためにバランスにします。

 

Lily Brown(リリーブラウン)の赤オフショルに、me couture(ミークチュール)のフリルショートパンツ。小物は、長めのフリンジがアクセントのマヌーシュ(Manoush)のフラワースパンコールバックで、レディを盛ります。

 

赤初心者なら、朱色のペイズリープリントワンピースで、ボヘミアンもいいですね。抵抗なく、赤を取り入れやすいワンピです。
NINE (ナイン)からでている、モーニングカットのワンピースは、ノスタルジックなペイズリープリントで、女性らしいフォークロアで春ボヘ気分を満喫です。

 

ボヘミアン柄のインパクトコーデ

 

ボヘ柄ショーパンにボヘ柄カーデを羽織るのも、新鮮な春ボヘコーデです。トップスとボトムで赤と青をリンクさせると、意外にも簡単に統一感のあるスタイルになります。インナーは、ホワイトやパステルなどの、優しいカラーのピスチェなどがおすすめです。

 

マヌーシュ(Manoush)のボヘ柄カーディガンと、同系色でデザインの違うショーパンを合わせます。足元は、黒のレースアップで引き締めるのがポイントです。

 

1枚でインパクトをもたせるなら、やはりワンピースですね。
デシグアル(Desigual)からでているボヘ柄ワンピースは、迫力のある切り替えプリントで、胸元のレースアップが女っぽい、春ボヘワンピです。